「 2015年07月 」一覧

お金がない人は自分がみえていない

お金が無いと自分の境遇を嘆くのでしたら、その前にまずはなぜお金がないのかを考えましょう。
そうしないと、いつまでもお金が無いという人生を歩むことになります。
お金がないという状態を脱したいのでした、まずは自分がなぜお金がないのかという点を考えなければなりません。

自分がお金がない理由について、考えが及んだでしょうか?
お金がないのには必ず原因があるのですから、考え付かないわけがないんです。

お金がない原因がわかれば、そこを直していけばいいんです。
収入が少ないのでしたら、収入をあげる努力をするか支出を下げればいいんです。
無駄遣いが過ぎるんでしたら、無駄遣いをやめればいいんです。
借金があるのでしたら、さっさと返せばいいんです。
絶対に何らかの理由があるのですから、そこを直すべきなんです。

お金が無い理由がわからない方の大半は、自分自身を真剣にみることができていない可能性があります。
自分自身を真剣にみることができない人は、お金がないということ以外にも様々な場面で苦労することになるんですよ。
人は生きていれば必ず壁にぶち当たります。
その壁にぶち当たった時に自分自身のことがわかっていない人は壁にぶつかったということもわからないなんてことになりかねません。
自分に何が起こっているかわからなければ問題なんていつまでも解決しないんです。

お金がないっていうのは、壁にぶち当たっているのと同じです。
壁にぶち当たったんでしたら、まずは自分自身が怪我をしていないか、そしてその壁がなぜ生じているかについて真剣に考えるべきなんです。
そういったことをしないで、何も考えずに生きていれば迷走し続けることになるんですから、まずは少し考えてみましょう。


必要の時にはキャッシングを利用する事

私は数年前から体調が優れない状態が続いています。入院するまで悪くはないのですが、何度か病院に行って点滴を受けたりすることもあります。月に何度かは仕事を休むこともあるので、収入が不安定になってしまうので困ってしまいます。

特に、数日間だけでも入院してしまうと、病院で宿泊した費用や、診察費等も加わってくるので、結構な金額を請求されます。これを先送りすることは出来ないので、生活費を切り崩して支払うことになります。

体調が悪くて、出勤日数が減っているときに病院で支払いが発生するのですから、私が自由に使えるお金はどんどん減っていくのです。そうなってくると、キャッシングを利用してお金を工面する事が多くなってきます。

キャッシングは、悪い事のように思われがちですが、体調が悪かったり、仕事がうまくいかないときには、お金を借りてどうにかやり過ごし、体調が万全で仕事が順調に回ったときに、全て完済すれば良いと考えています。

困ったときにはお互い様..のような感じで、後ろめたい気持ちで借りるのではなく、しっかりと使わせてもらい、その後で期日までに返済を間に合わせれば良いのです。そのように考えるようになってからは、ストレスを感じずに生活できるし、早く体調を改善させようというやる気もアップしてくるのです。